MENU TEL

歩くのもつらかった座骨神経痛の原因は、内臓疲労だった

 

「お悩み」

右坐骨神経痛が歩くといたい 激痛

娘さんの店の手伝いができない

痛いことで何もできない

「お体の検査」

SLR30+

右足首+ 両肩+ 背骨 中下 +

立位骨盤が前傾大

内臓疲労 肝臓+

「初めての治療」

痛みが強くでていて、

全身が硬くなっていたので、

 

内臓疲労調整をメインに

全身の循環力を上げるようにしました。

これをすることで

 

体の歪みの元を解消できるので、

身体の動きがでてきます。

 

睡眠時に身体が回復しやすいよう

体の土台を作りました。

 

「2回目の治療」

SLRが30から70まで

足が上がるようになっていた。

 

痛みはまだまだ強い状態でした。

すこし体を動かせるように

 

なってきたので、

仙腸関節の調整も入れていき、

 

骨盤や腰椎の動きを

良くするようにしました。

「3回目の治療」

痛みが103に減っていた、

本人の顔が楽そうになっていたので、

安心しました。

治療は前回同様

「4から5回目の治療」

座薬はもう三日間飲んでないとの事、

本人もしびれが良くなって

いるのを実感してました。

治療は前回同様

6日目の治療」

座骨神経痛の痛み10→0

歩くときも痛みをかばった姿勢

歩行なし。

 

治療は、頸椎から胸椎の歪み調整

と内臓疲労調整をして

 

時間経過によって崩れた

脊柱の歪みに動きをつけて

血流改善をうながした。

 

「まとめ」

期間1か月半 6回でシビレ消失

 

坐骨神経痛も内臓疲労の調整

でかなり改善がみられた。

疲労が結果として体の硬さを作り、

かばう事で姿勢がくずれ、

 

筋肉に負担がかかり、

その状態が長時間続くことで

骨格や骨盤に歪みを作り

 

坐骨神経周辺の筋肉や

組織が硬くなり

 

循環不良になって

シビレの症状がでていた。

まだ細かい所に調整が

 

必要なところがある事

を本人に伝えた。

 

本人も、もうあの痛みに

戻りたくないのでより

改善していくよう、

 

メンテナンスして行く

ことで納得されました。

 

歩く事も動くこともきつかった

座骨神経痛が改善して本当によかったです。

 

個人の感想であり、

結果には個人差があります。

成果や成功を保証する

ものではありません。

当院へのアクセス情報

所在地〒811-3217 福岡県福津市中央2-1-3 Mコート105
予約予約優先制
電話番号0940-36-9439
駐車場院前2台 第二駐車場3台
休診日日曜日・祝日