MENU TEL

Blog記事一覧 > 冷え 対処法 > 自律神経  福津市 きずな整骨院

自律神経  福津市 きずな整骨院

2016.08.02 | Category: 冷え 対処法

冷え性 画像 7月

 

みなさんこんにちは 

きずな整骨院です(^▽^)/

今日のテーマは

「クーラーと上手に

付き合って夏バテを予防」

です。

 

厚い日が続くと

どうしてもクーラーに

頼ってしまいますね。

 

日本の夏は高温多湿の為

熱中症にならない

ためにも暑さを我慢

しないことは大切です。

 

でもだからと言って

クーラーを効かせ過ぎると

夏バテの原因に

なってしまうので

クーラーと上手に

付き合っていくことが

大切です。

 

 

そもそも、なぜクーラーは

夏バテを引く起こす

のでしょうか。

 

様々な要因がありますが

その一番の原因は

身体の体温調節をしている

「自律神経の乱れ」。

 

厚い屋外とクーラーの

効いた室内の行き来に

よって、自律神経が

疲れてしまいます。

 

 

そこでまず、クーラーの

設定温度を見直して

みましょう。

 

クーラーの性能やお部屋の

広さによっても

変わりますが、理想の

設定温度は28℃です。

 

厚くならない程度に

屋外と室内の温度差を

なくすことが大切なんですね。

 

 

また、寝るときは

クーラーの風が体に直接

当たらないように

気を付けて下さいね。

 

冷たい風を浴びたまま

寝るのは大変危険ですし

睡眠中の身体の冷えは

睡眠の浅さに

つながります。

 

結果、たくさん寝ても

睡眠不足になってしまい

夏バテを引き起こし

やすくなるのです。

 

寝室ではなく、隣の

部屋のクーラーを

つけておくのがお勧めです。

 

 

冷え性 画像 7月.jpg 2

 

 

ちなみに、自律神経を

回復させたいときには

身体を温めることも

効果的です。

 

ゆっくり湯船につかり

冷えた身体を

ほぐしましょう。

 

また、暖かい食事で

ショウガやネギなどを

摂ると、身体の芯から

温まる効果を得られます。

 

一方で冷たい物を

食べ過ぎると

身体を冷やすと

同時に胃腸の

機能も弱まり

夏バテの症状の

一つである食欲不振に

つながります。

 

 

クーラーに頼り過ぎた

生活から抜け出し

自律神経を

回復させて

海に山にのレジャーの

季節を元気に

過ごしていってくださいね。

当院へのアクセス情報

所在地〒811-3217 福岡県福津市中央2-1-3 Mコート105
予約予約優先制
電話番号0940-36-9439
駐車場院前2台 第二駐車場3台
休診日日曜日・祝日