MENU TEL

Blog記事一覧 > 胸郭出口症候群 > 胸郭出口症候群 福津市 きずな整骨院 整体院

胸郭出口症候群 福津市 きずな整骨院 整体院

2016.11.08 | Category: 胸郭出口症候群

胸郭出口症候群

 

 

鎖骨と肋骨の間を通る神経

血管が何らかの影響で

圧迫されて、肩から

手にかけて痛みやシビレ

筋力低下、手の握力低下

細かい動作がしにくい

静脈 動脈が圧迫されて

血色がわるくなどが起こる事を

胸郭出口症候群と呼びます。

 

 

4つの原因があります。

 

 

1、斜角筋症候群

  (前斜角筋と中斜角筋の間で

    神経や血管が圧迫されているもの)

 

 

2、肋鎖症候群

  (鎖骨と第一肋骨との間で

     圧迫されて起きる。

     このタイプが一番多いです。)

 

 

3、小胸筋症候群

   (小胸筋と肋骨との間で

       圧迫されているもの)

 

 

4、頸肋症候群

   (一番したの首の骨が

       圧迫しているもの)

 

 

症状

 

神経、血管障害によって

以下の症状があらわれます

 

 

前傾で作業が続くと

肩から手にかけて

痛みや痺れが出てくる

 

 

洗濯物を干そうと下から

もち上げる動作やつり革に

つかまる動作で

痛みシビレが出てくる

 

 

細かい作業が続くと

痛みや痺れが出くる

 

 

冷感、手先が紫色や白色になる

 

 

頭痛や腕の脱力感、背中

肩甲骨周辺の痛み

胸郭出口症候群になりやすい人

 

 

細身でなで肩の女性

 

 

交通事故で首を

痛めたことがある人

 

 

事務作業で長時間姿勢が

悪くなってる人

 

 

長時間のデスクワークをする人

 

 

肩こりがある人

 

 

この様な方は、胸郭出口が

狭くなりやすい、狭く

なっている可能性が

高いという人です

 

 

一般的な治療法

 

電気、マッサージ、牽引

などで症状の緩和をしていく

 

 

ビタミン剤、痛み止めで

症状抑える

 

 

良い姿勢を保つことが

     症状改善への近道です

 

 

良い姿勢をたもつことで

首の筋肉への負担が

軽くなり筋肉の緊張が

弱くなります。

 

 

良い姿勢を維持しつづけると

硬くなっていた筋肉が

緩んできて血液の循環が

よくなってきます。

 

 

どんな治療法でも筋肉が

柔らかくなってくると

効果がでやすくなって

くるので、ぜひ良い姿勢を

心がけてくださいね。

 

 

きずな整骨院 

    きずな整体院で行う施術

 

 

胸郭出口症候群に

なってしまった原因を

検査にて調べていき

一番効果のある場所を

特定していきます。

 

 

多くのかたが、内臓の

疲労からくる、骨格の

歪みが原因の場合が

多いと感じます。

 

 

内臓に疲労が

溜まってくると

姿勢が崩れ、骨格に

ゆがみが生じ

バランスが崩れて

首の骨に負担が

かかってきます。

 

 

その悪くなった

バランスの為に

首の筋肉が緊張状態に

なってしまいます。

 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒811-3217 福岡県福津市中央2-1-3 Mコート105
予約予約優先制
電話番号0940-36-9439
駐車場院前2台 第二駐車場3台
休診日日曜日・祝日