MENU TEL

Blog記事一覧 > 症例報告 > 持病の腰痛が悪化 坐骨神経痛が出てなにをするにも痛みが

持病の腰痛が悪化 坐骨神経痛が出てなにをするにも痛みが

2016.12.14 | Category: 症例報告

腰痛の画像2

 

 

ここ一週間で悪化した

腰痛と座骨神経痛で

来院の45歳 女性 

R・Mさん パート

 

「腰痛と坐骨神経痛の痛みの経緯」

 

患者さん、腰と右尻から

太ももに痛みしびれと

歩くたびに不自然になり

移動 活動するのに

痛みで辛い状態が

一週間続いており

大変つらい状態だった

 

 

 

「きずな整骨院へ

        来院されるまでの経緯」

 

もともと腰痛は持っていたが

何とか動く事は出来ていたが。

 

ここ2,3週間子供の行事で

忙しい日々を送っていた矢先

強い腰痛が出てきた。

 

 

いつもなら痛みも日に日に

よくなっていたが、今回は

痛みが変わらなかったので

心配になり、仕事仲間の

友人から勧められて来院。

 

 

 

「患者さんのお悩み」

 

左腰痛            

立ち上がる時、寝ているとき

活動の度に痛む

 

 

坐骨から特に右太もも     

歩くときに痛む 

歩くとき不自然になる

 

 

肩から肩甲骨         

凝っている

 

 

朝から夜まで痛みは同じで

楽になる姿勢は仰向けが楽

 

 

あと一週間は子供の習い事の

大会があって、休みの度に

朝早くから連れて行かないと

だめなので、今の腰痛を改善したい

 

 

 

「きずな整骨院の治療」

 

一回目の治療

 

検査結果  

内臓疲労 右SLR45+ 

右SIJO+ 左足首+ 

両肩運動制限 

座位骨盤後屈

 

 

体の回復を遅らせている

部分は内臓疲労から来る

姿勢の歪みでした

 

 

今日はまず内臓疲労の

調整をメインに

循環力をあげるように

して体が緊張しなくても

いい状態をつくりました。

 

 

活動中はコルセットを指導

 

二回目の治療

 

内臓疲労の調整 

右骨盤の歪みが左腰に

負担をかけていたので

調整 全身筋肉調整

 

 

 

三回目の治療   

 

前回同様

朝、体が軽いのが分かった。

 

 

右股関節を曲げても

右座骨に痛みがあまり出なかった

 

 

 

四回目の治療

   

前回同様

朝も楽で昼から

も体が楽になってきた

 

 

座位で姿勢が悪く

骨盤が後屈していたので

座り方を指導

 

 

明日はゆっくりできる

との事、しっかり休養をと促す

 

 

このころから日に日に

体が楽になっているのが

分かっていた

 

 

五回目の治療

   

前回同様

痛みが楽だったそうで

コルセットもはずしてた

 

 

仕事でも重たいものを

持てるようになって

日常をとりもどしつつあった

 

 

太もものうらの筋肉の

柔軟性がおちていたため

ストレッチを指導

 

 

五回目の治療

  

前回同様

歩行痛なし 

体の痛みも10~2になった

 

 

 

「今回、きずな整骨院での

          施術をい受けての結果」

 

治療から一週間

 

仰向け以外は体の痛みが強く 

腰痛から右坐骨から

太ももうらの激痛 

一周間以上痛みが

かわらなかった症状が

もうほとんど消失。

 

 

現在は治療を卒業されて

また悪くなってきたら

すぐに来ますとの事

 

 

 

「まとめ」

 

今回のケースでは

一週間という期間で

改善しましたが

 

もともと日常生活が

乱れやすい方や過去に

ケガや慢性の症状を

もっている方は

 

姿勢や背骨の歪み 

体の回復力が低下

している事が多く

改善までに時間が

かかる方が多いです。

 

 

早めの対応が必要ですので

日常生活を見直すことが

できない場合は

早めに来院することを

お勧めします。

 

 

 

※個人の感想であり

結果には個人差があります。

 

 

成果や成功を保証する

ものではありません。

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒811-3217 福岡県福津市中央2-1-3 Mコート105
予約予約優先制
電話番号0940-36-9439
駐車場院前2台 第二駐車場3台
休診日日曜日・祝日