MENU TEL

Blog記事一覧 > 症例報告 > 7カ月前から起きている 頭痛の原因は肝臓疲労と横隔膜の歪みからくるだった 頭痛 治療法

7カ月前から起きている 頭痛の原因は肝臓疲労と横隔膜の歪みからくるだった 頭痛 治療法

2017.01.28 | Category: 症例報告

冷え性 画像 7月.jpg 3

 

 

16才  男性  高校生

「来院の経緯」

28年の夏ごろから

突発的に頭の前が

ズーンと重く感じ

学校も休みがちに

なっていました。

 

 

脳神経外科 

整形外科 

でCT 首X-ray 

脳波など異常なく

漢方や神経内科で

カウンセリングをうけても

なかなか改善せず

当院のホームページを見て来院

 

 

「お悩み」

前頭部のズーンという痛み 

学校が休みがち

 

 

「きずな整骨院での検査」

 

 

座位の姿勢 立位の姿勢崩れ 

両肩 背骨のROM低下 

頸椎C1,2,3,4、ROM低下

内臓疲労 横隔膜硬い 頭蓋骨の歪み

 

 

「初回の施術」

 

とにかく全身が硬く

特に肝臓、横隔膜の

硬さが強く前進の

循環力が落ちていたので

まず内臓疲労の調整と

自律神経の通り道の

頸椎と頭蓋骨中心で

みていった。

 

両肩のROMは

改善したがかなり

姿勢が崩れていた。

 

 

初回は回復力を上げる

目的で施術をし

体に変化がでたので治療終了。

 

 

 

「2回目の施術」

 

初回の歪みが強かったため

次の日に来院してもらった。

 

特に施術後の反応は

出ていなかったため

初回同様内臓疲労の

調整と頸椎と頭蓋骨の

調整メインで循環力を

あげるようにした。

 

 

日常生活の改善として

和食中心、睡眠時間と

起床時間をきめて

寝る前のゲームも

控えてもらった。

 

 

セルフケアの体操を教えた

 

 

「3回目の施術」

 

5日後来院してもらった。

 

少し姿勢の変化が見られ

内臓の硬さも軽減していた。

 

 

頭痛はまだ変わらず

朝がひどく昼にかけて

軽減しているとの事。

 

 

かなり歪みと内臓疲労が

つよかったため

症状軽減を実感するには

もう少しかかりそうであった。

 

 

「4回目の施術」

 

3回目よりも姿勢や

体の動きもついてきた。

 

頭痛は朝10の痛み

だったのが8に減っているとの事

 

 

少し症状に変化がみられてきた。

 

 

聞くと睡眠時間や

起床時間がみだれていて

運動もしていなかったので

しっかり生活を

正すよう指導した

 

 

治療時間より

帰ってからの方が

重要になることを

もう一度伝えた

 

 

「まとめ」

日常生活にかなり

乱れが出ていると

感じました。

 

睡眠不足

寝る前までのゲーム

運動不足

食生活の乱れなどで

本来寝ることで体が

回復する機能を上手く

はたらくことができず

 

 

今回は頭痛という自覚症状

内臓疲労(肝臓、横隔膜)

骨格の歪みとして体が休ませて

気づいてと訴えていました。

 

 

食事×運動×睡眠=健康

(寝て体が回復する)

このバランスを保つことが

回復する基本となります。

 

 

この学生さんには

日常生活を正すよう

意識するよう教えてあげ

経過を見ていくように

していきます。

 

 

 

また、次回経過報告

していきます。

 

 

※個人の感想であり

結果には個人差があります。

 

成果や成功を保証する

ものではありません。
 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒811-3217 福岡県福津市中央2-1-3 Mコート105
予約予約優先制
電話番号0940-36-9439
駐車場院前2台 第二駐車場3台
休診日日曜日・祝日