MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 生活についての記事一覧

徹夜 過ごし方

2017.03.07 | Category: 生活について

〈今週のポイント〉

◎徹夜は避けられるのなら避ける

◎徹夜続きは絶対NG

◎徹夜中は横になってはいけない

◎徹夜明けのスケジュールを確認しよう

様々な理由により、「徹夜をする」

という選択をしなければいけない

時もあると思います。

 

出来るだけ身体にダメージを

残さないように徹夜を乗り切る

為には、どうすればいいのでしょうか?

 

ただ、初めに申し上げますが、

避けられるのであれば徹夜は

絶対に避けるべきです。

 

徹夜が招く睡眠不足は、

うつのような症状から

 

生活習慣病の悪化まで

ありとあらゆる悪影響を

身体に及ぼします。

 

更に免疫力の低下も

引き起こすので

 

インフルエンザやノロウィルス

といった感染症にも

かかりやすくなります。

 

また、集中力や思考力の低下も

見過ごせない問題です。

 

何度もパソコンで文字を打ち間違えたり

一つの物事を判断することに

時間をかけていたり、そのような

 

パフォーマンスの低下は、

余計な時間を必要とします。

 

つまり、早く終わらせるため、

納期に間に合わせるための

 

徹夜が全くの無意味に

なってしまうのです。

 

だったら最初から徹夜なんて

しない方がいいですよね。

 

しかも徹夜続きで、カフェインが多く

含まれたガムや飲料で

誤魔化しながら仕事をするなんて

もってのほか。

 

うつのような症状が

毎日続けば、精神的な疾患を

患うのも時間の問題です。

 

それでも徹夜しないといけない時は

とは言え、仕事が立て込むと

どうしても徹夜を避けられない

事もあるでしょう。

 

そんな時は

何処か時間を見つけて15分~20分

仮眠を取るようにしましょう。

 

リクライニング出来る椅子で

背もたれを少し倒して寝るのが

一番ですが、なければ机に

突っ伏して寝ても構いません。

 

ただし、ベッドで寝るのだけは

絶対に避けましょう。

 

横たわるなどのいつも通りの寝姿勢

になると、人の脳は「あ、もう寝ていいんだ」

と判断します。

 

特に既に長時間働いているなら

疲れも相まってあっという間に

夢の中に。

 

そうなると、仮に起きられても

スッキリと目覚めることが出来ません。

 

「少しでも疲労を回復するために」

という気持ちはわかりますが

横になるのだけは避けて下さいね。

 

また、徹夜が明けても翌日の通常業務を

こなさなければいけない場合は

まず翌日のスケジュールを確認してみましょう。

 

そしてその中で一番「頭を使わない」

仕事を午前中、つまり徹夜明け直ぐに

行うようにしてください。

 

徹夜明け直ぐは気付きにくいですが

かなり思考力が落ちてしまっているもの。

 

余計なミスを防ぐためにも

単純作業をこなしてしまう事を

おすすめします。

午前中の作業が終わったら

また15~20分睡眠を取りましょう。

 

一瞬でも深い眠りに落ちることが出来れば

何とか午後の仕事は乗り切れるぐらい

回復するはずです。

 

そしてその日は決して残業しないこと。

出来る事なら早めに仕事を

切り上げて帰ることをオススメします。

 

そしてたっぷりと睡眠時間を

とってくださいね。

腰痛 対処法 ストレッチ 福津市 きずな整骨院

2016.08.16 | Category: 生活について,腰痛

骨盤の歪み

みなさんこんにちは 

きずな整骨院です(^▽^)/

 

 

今日のテーマは

「腰の疲れを和らげて

気持ちよく過ごそう」です。

 

 

 

《ポイント》

腰の疲れを取るには

まず腰の歪みのレベルを

知ることが重要。

 

そうして自分の腰の状態を

知ったら、疲れ解消に

各1分間の背骨シェイク

&ツイストです!

 

 

腰は背骨と骨盤のつなぎ目に

当たり、上半身と下半身の

連動を支え、全身の動きの

起点となるパーツです。

 

腰の動きが良ければ

自然と姿勢が良くなり

逆に固まっていると

姿勢が崩れてしまいます。

 

そして姿勢が崩れた状態が

長引けば、身体にかかる

負担の偏りのため痛みなどの

症状につながります。

 

 

ここでまず、あなたの腰の

健康度をチェックしてみましょう。

 

膝を曲げずに、ゆっくりと

背中を後ろに反らして

みてください。

 

 

・レベル0:

天井だけでなく

後ろの壁も無理なく見ることが

出来、痛みや違和感もない

 

 

・レベル1:

胸が天井に向く程度の

反れるが、腰や背中、お腹

股関節に張りや違和感がある

 

 

・レベル2:

腰や背中に違和感があり

あまり反れない

 

 

もしレベル2だとしても

歪みを減らしていく指標と

考えればよいので

がっかりしないでくださいね。

 

 

デトックス 2

 

 

◎1分でできる腰の疲れリセット法

 

腰の健康度をチェックしたら

より健康になりように腰の

疲れをリセットしましょう。

 

今回ご紹介する方法は

腰を中心に、全身に効果が

期待できるセルフケアです。

 

 

【背骨シェイク】

 

①仰向けに寝て、両手を

頭の方に上げ、上下に

伸びた状態になります。

 

 

②軽い伸びを続けたまま

「く」の字のように、上半身

下半身とに左側に曲げます。

 

 

③今度は右側に曲げます。

 

 

④魚が泳ぐようなくねくね

した横揺れの運動を

40往復行います。

 

 

⑤左→右で1往復、1秒で

2往復を目安にしましょう。

 

 

⑥深呼吸をして終了です。

 

 

【背骨ツイスト】

 

①仰向けのまま腕を少し広げ

45度くらいに万歳をした

状態で、両膝を立てます。

 

 

②両膝を左に倒すと同時に

顔は右に向け、ツイストします。

 

 

③今度は右に倒し、顔は

左に向けてツイストします。

 

 

④この動きを30往復

2秒で1往復が目安です。

 

 

⑤深呼吸して終了です。

 

 

どちらの運動も、所要時間は

わずか1分ほど。

 

やり方も簡単なので

腰の痛み、背中の疲れ

肩や首のコリ、全身のだるさ

などを感じたときに

気軽に試してみては

いかがでしょうか。

 

ただし、痛みやだるさが

強まるときはやらずに

身体の専門家に

ご相談してくださいね。

 

 

姿勢の悪さは肉体疲労の

原因にもなり、特に腰の不調は

放置しないことが大切です。

 

メンタル面でも、腰が良く動く

ようになると、落ち着いて

過ごせるようになりますよ。

その時々の旬の食べ物でおいしく健康に・・・福津市 きずな整骨院

2016.07.16 | Category: 生活について,食べ物について

季節の野菜画像

 

 

こんにちは

きずな整骨院です(^▽^)/

 

 

今日は、食べ物のお話です。

 

身体は日々の食事に

よって作られるもの。

 

だから健康を

意識するなら

日々の食事の

食材選びは重要です。

 

日本は四季が明瞭と

言われますが

それぞれの季節に

「旬の食べ物」が

ありますよね。

 

 

 

例えば、春のタケノコ

夏のトマトやキュウリ

秋のキノコ

冬の白菜などなど。

 

 

どれもその時期に

多く出回り

季節を感じさせる

と共に、美味しさで

魅了してくれます。

 

 

 

こういった旬の食べ物

実はただ美味しい

だけでなく、その季節に

合った効能が期待でき

しかも栄養価も高いのも

ポイントです。

 

 

 

春の優しい苦みのある

山菜類には冬にたまった

体内の毒素排出作用が

夏の水分の多い野菜・果物は

身体の熱を取る作用が

あると言われます。

 

また秋のキノコ類や

ゴボウなど根菜類は

夏に疲れた胃腸をと

労わる作用があり

 

冬の白菜やダイコンと

いった野菜は、加熱して

食べると身体を温めて

くれる効果があるとされます。

 

 

そして、もっとも成熟している

タイミング旬だからこそ

旬以外の時期と比べて

栄養価も高くなっているのです。

 

 

tisanntiryou

 

 

ちなみに、食品は自分が暮らす

場所が産地の物を食べた方が

より身体に合うとされます。

 

今でこそ世界中から

食品を取り寄せて

食べることが出来ますが

そもそもは地元の食品を

食べていたもの。

 

だから、身近な地の物の

食材だと、身体も栄養を

効率よくとりやすいのだとか。

 

 

ミネラルウォーターにも

ミネラルの多い・少ないで

硬水・軟水がありますが

日本のお水は軟水です。

 

なので、身体に負担少なく

お水を飲みたいときは

軟水がお勧め。

 

一方で、胃腸に刺激を

与えたいなら

硬水をたまに

飲むのもありですよ。

 

 

今月は七月です

夏野菜料理を楽しんで

美味しく健康的に

過ごしましょう!

福津市 きずな整骨院 夏こそデトックスで元気に過ごせる身体作りを!

2016.07.06 | Category: 生活について,食べ物について

デトックス 2

 

 

こんにちは

きずな整骨院です(^▽^)/

 

 

夏こそデトックスで

元気に過ごせる

身体作りを!!のお話し

 

 

夏真っ盛りともなると

暑さで外出するのは

億劫になり、運動は

ほどほどに、冷房の

効いた室内で過ごすことが

増えがちですよね。

 

でも少しは暑さを

感じ汗をかかないと

体内の老廃物も

たまる一方。

 

ますます疲れやすく

冷房に頼る生活になります。

 

そんな状態から抜け出し

夏を健康的に

過ごすためにも

夏こそデトックスに

気を使ってみましょう。

 

 

入浴中の女性

 

 

デトックスといっても

難しいことではありません。

 

まずは日々、身体を

冷やし過ぎず

胃腸や腎臓など内臓の

働きが低下しないように

すること。

 

手軽なのは、お風呂に

入る方法です。

 

 

 

大体38度~40度程度の

ぬるま湯に

20分~30分くらい

半身浴をすると

全身の血行改善に

効果的です。

 

 

なお、汗を大量にかくことに

なりので、お風呂に入る前に

コップ1杯のぬるめのお水を

摂取しておくのも忘れずに。

 

 

 

運動 夏 

 

 

軽い運動をするのもお勧めです。

 

適度な運動によって

筋肉を使うと、筋肉の

ポンプ機能によって

全身の血行が

促進されます。

 

しかも運動によって

体温が上がるので

気持ちよく汗をかいて

全身の老廃物を出せますよね。

 

 

ただしお風呂同様

運動前に水分補給を

しておきましょう。

 

 

 

また、デトックスは

食生活でも実践できます。

 

デトックス効果が高いのは

「香味野菜」。

 

 

パクチー、ニラ、ねぎ

といった香りの強い

食材ですね。

 

特にパクチーは

香味野菜の中でも

デトックス効果が

高いとされています。

 

 

そして「ネバネバ」した

食材もお勧め。

 

山芋や長芋、昆布や

わかめ、オクラ、モロヘイヤ

といった食材の粘り気は

ムチンやフコイダンと

呼ばれる成分で

 

 

体内から老廃物を

排出する肝臓、腎臓の

機能を高めてくれる

効果があります。

 

 

デトックスによって

無駄な水分や成分を

出せれば、夏特有の

冷房による冷え性や

むくみ、けだるさとも

おさらばできるとゆうもの。

 

これで暑い夏に打ち勝ち

生き生き生活していきましょう!

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒811-3217 福岡県福津市中央2-1-3 Mコート105
予約予約優先制
電話番号0940-36-9439
駐車場院前2台 第二駐車場3台
休診日日曜日・祝日