MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 自律神経についての記事一覧

自律神経失調の方へ 交感神経と副交感神経のリズムの整え方

2018.02.23 | Category: 未分類,自律神経について

日常生活のリズムを整える5つの方法

 

体内時計のリズムを整えることは、自律神経やホルモン分泌の働きに良い影響を与え、心身の健康を守るために大きな効果があります。そのために生活習慣にしたことをご紹介します。

 

1、  毎朝、同じ時間に起きて朝日を浴びる

日によって起きる時間が変わったり、決まっていなければ早く寝る以上に

「早く起きる」ことが重要です。毎朝、決まった時間に起きて、窓を開け太陽に光を浴びましょう。目から光の刺激が届けられ、脳の体内時計がリセットされます。

2、  三度の食事は規則正しく。特に朝食は大切

末梢時計を調整する信号は食事(血糖値の上昇)ですから、三度の食事を規則ただしくとることで、リズムがととのってきます。

特に朝食は大切です。起床後一時間以内に食事をすることで、末梢時計がリセットされ、主時計のリズムと同調して、その日のリズムが作りやすくなります。

朝食には、質と量も大切です。野菜ジュースだけというような朝食では量が少なく、体内時計がリセットできなという実験結果もあるようです。

炭水化物はリセット効果が高い栄養素ですから、和食中心で発酵食品などが入った朝食がようでしょう。一方夕食は魚や肉などたんぱく質が豊富な食事にすると、メラトニンの分泌をうながします。

3、  昼間は出来るだけ外へ出る機会をつくる

家のなかばかりでは、生活にめりはりがなくなり運動も不足します。

運動は、全身ある末梢時計の微調整のためにも必要です。また、昼間は明るいところで過ごす事もたいせつです。そうすることで、メラトニンの生成が活発になります。太陽を浴びながら、軽いウォーキングなどをするとよいでしょう。

4、  毎日、出来るだけ人とふれ合う

人と会い、話すことで、社会のリズムを感じ取ることが出来ます。

体内時計の調整には、家庭や仕事や遊び、また、温度や湿度、騒音など、さまざまな環境因子がかかわっています。

5、  生活の記録をつける

起床時間や就眠時間、食事、運動、家事など、毎日の自分の行動を記録してみましょう。食事が乱れてないか、過眠になっていないかなど、自分の生活リズムを見直すことが出来ます。

 

 

無理せず出来る事から少しずつやっていきましょう!!

福岡県福津市中央2-1-3-105

福津市ローソン目の前

きずな整体院(きずな整骨院内併設)

ご予約優先制 LINE予約出来ます。

0940-36-9439

著者

諸熊 健 柔道整復師 自律神経整体認定院

きずな整骨院

福津市 きずな整骨院 きずな整体院 自律神経からくる症状や改善しにくい症状の原因

2018.02.20 | Category: 自律神経について,自律神経整体

きずな整体院が考える自律神経からくる症状や改善しにくい症状の根本原因から症状発生のながれ

 

大きく分けて3つの根本原因

(ストレスの種類)

・身体的ストレス (日常の疲労、長時間労働、重労働、睡眠不足、日光不足、食べ過ぎ、飲み過ぎ など)

・環境的ストレス (薬、食品添加物、化学肥料、農薬、抗菌グッズ、放射能 など)

・精神的ストレス (対人関係、仕事関係、長く続く不安、悩み、不満 など)

この3つが重なり合って症状の元を作って行きます。

症状発生の流れ きずな整体院では3つのストレスによって負担のかかる 自律神経、内臓、骨格を基準に診ていきます。

※自律神経

自律神経は、自分の意志と関係なく自動的に臓器や器官などの働きを調節し生命活動を維持している神経のことです。 自律神経には、血液の循環、呼吸、内臓機能、睡眠など生きていくうえで非常に重要な働きをしてくれます。 自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

・交感神経 →昼間など活動時や興奮時に優位になる、人の活動を支える神経

(活動している時、緊張している時 など)(感情、痛みから影響されやすい)

・副交感神経→夜間などの休息時やリラックス時に優位になる、人の休息を支える神経       

 (リラックスしている時、眠っている時 など)(呼吸法、お風呂、ヒーリング音楽など)

※内臓 消化、吸収、解毒処理、排泄、生命維持などの働きをしています。

 

 

主に疲労の処理には、肝臓や腎臓がかかわり老廃物の処理や排泄の働きをします。

血液の循環にも関係していて内臓が疲れたり固くなると全体の血流量にも影響していきます。

内臓は自律神経によりコントロールされています。

(感情にも影響されやすいです)

内臓はお腹の中に配列している筋膜や靭帯に支えられています。

(体の歪みや姿勢に影響されやすいです) 

※骨格

頭や内臓や脊髄などの神経の保護、血液を作ったりカルシウムなど神経伝達や筋肉などに必要なミネラルを貯蔵します。

骨格は地面からの衝撃や上半身、体を使う事によっての捻じれの力を吸収し 体にとって安定しやすい状態を作る 体の衝撃を分散する仕組み全身を使いますが 背骨の関節やS字カーブ、骨盤の関節、足首の関節 首と頭の付け根の関節が重要になります。

症状発生の流れ    

 

※自律神経は血液や内臓の機能を調節しています。

この自律神経が乱れると→血液や内臓の機能がおちる→血液の循環悪化により筋肉がかたくなる→かたくなった筋肉が骨を引っ張り身体の歪みや動きの悪さを作る→様々な痛み・症状を作る→痛み・症状の体の変化→さらに自律神経の乱れ→この悪いサイクルが続くと→ 症状が長く続いたり、さらに進行して骨や関節などの変形を起こしていき寝ても回復しない状態になっていきます。

 

体調としては、睡眠が浅くなる→体の疲れを回復できない→心身のストレス→さらにひどくなると精神疾患やうつの発生につながる可能性があります。

※自律神経だけでなく、内臓や骨格の状態によってもこの悪い サイクルがぐるぐると回りはじめます。

きずな整体院の治療内容 症状発生の悪いサイクルを打ち切るための施術 3つのバランスを整えます。

※キズキヒーリング(波動調整)・・・人体はエネルギー体(周波数)であるとの考えで、 エネルギーが枯渇、フリーズした原因を探り(潜在意識に問いかけ)量子力学を用いた 波動調整により組織が「キズキ」をえて同調、増幅することで身体が変化する。

※自律神経 頭蓋骨のふくらみのリズム回復、首の骨1番目の頸椎の調整(脳の栄養血管の椎骨動脈)

 

※内臓の調整 筋肉を介してポンプ作用、関係する経絡

※骨格の調整 上部頸椎・背骨、腰椎AKA骨盤調整 

検査法として キネシオロジー検査(筋肉反射テスト) 関節の動きの検査、筋肉圧痛など

※症状があるところに原因はない、この考えの元に体を検査していきます。

①キネシオロジー検査法

筋力反射テスト 筋肉の反射は、力比べのように筋力の強さをみているのではなく 筋肉を動かす時に作用する神経の流れを調べていきます。 「人は何かを思った時に筋肉に力が入ります」 自律神経と筋肉の関係を使って検査していき、自覚していない 潜在意識に問いかけ、手を軽く引っ張ることで筋反射によって 一方の手の長さが変わり、症状の根本の原因を探りだすことができます。 どういった検査をするのか 

 

※これは当院独自の検査法です。 身体構造(内臓、筋肉、骨盤、背骨、血管など) 情報伝達(神経、脳、14経絡、チャクラ、脳脊髄液など) 精神心理・環境問題(感情、ストレス、トラウマ、土地、場の問題など) 生体化学(ホルモン、ウイルス、菌、化学物質、放射線、電磁波など) などチェックしていきます。 必要に応じて更に、原因を特定していきます。(検査項目31種類)

※検査結果は、あくまで筋力検査での反応です

②可動域検査法 関節の動き骨盤の動き背骨の動きなどから 筋肉、内臓、神経、経絡の流れ等の状態を把握します。  

きずな整体院(きずな整骨院内併設)では、自律神経失調症など自律神経に関係する症状を様々な視点でみていき改善の方向に導いていきます。

福岡県福津市中央2-1-3-105

福津市市役所ローソン目の前)

きずな整体院(きずな整骨院内併設)

ご予約優先 LINE予約出来ます。

0940-36-9439

著者

諸熊健

所持資格 柔道整復師 自律神経整体認定医院

自律神経について  福津市 福間 きずな整骨院 きずな整体院

2017.12.01 | Category: 自律神経について

皆さんこんにちは! きずな整骨院の諸熊です。 もうすっかり今年もあと一カ月になりますね、

と言ってもまだぴんと来てない今日この頃です・・・

 

 

 

 

今日は自律神経のお話し 自律神経ときいて皆さんどんなイメージですか?

精神的な悩みがある人を イメージされるのじゃないでしょうか?

自律神経は交感神経と副交感神経の二つからなります。

 

 

手や足を動かしたりするのは運動神経で、

この自律神経は呼吸、胃や腸などの内臓、血液循環など私たち が意識していないところで、

私たちの体が色んな刺激などに対して一番いい状態で保つ様に 勝手に調整してくれます。

 

今の時期だと寒い所に行くと、

ガタガタと震えたりして肩や首の筋肉を 固くして体温を逃がさないようにしてるれますよね。

こんな感じで体は勝手にその環境に体をわせるように反応してくれます。

 

こういった温度などの外からの刺激や精神的な悩みなど

その体に対して何かしらの 反応を起こすのをストレッサーといい、

そのストレッサーに対しての反応をストレスと言います。

大きく分けて3つのストレスがあります。

 

身体的ストレス、環境ストレス、精神的ストレスのこの3つがあります。

☆身体的ストレス

長時間労働、睡眠不足、体の疲労、日光不足、食べ過ぎ、飲み過ぎなど

☆環境ストレス

品添加物、薬、化学肥料、農薬、放射線など

☆精神的ストレス

仕事関係、対人関係、家庭内の悩み、長く続く不安、不満など

 

私たちは色んなストレスを受けながら生活をしていますが、

体が疲れていたり、生活のリズムが崩れると

自律神経が疲れてきて上手に対応するこっとが出来なくなり、体の不調が出て来ます。

 

最近生活のリズムが崩れてきたな~と感じる方は、一度生活の見直しをしてはいかがでしょうか?

早めの対処で今後体に不調が起きることを防げますよ、

これから年末にかけて忘年会など暴飲暴食や睡眠不足になりやすくなります

是非皆さんご注意くださいね。

 

自律神経整体 きずな整骨院

福岡県福津市中央2-1-3-105

TEL0940-36-9439

福津市役所ローソン前 

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒811-3217 福岡県福津市中央2-1-3 Mコート105
予約予約優先制
電話番号0940-36-9439
駐車場院前2台 第二駐車場3台
休診日日曜日・祝日