メニュー TEL LINE Mail

脊柱管狭窄症でやってはいけないこと  福津市 脊柱管狭窄症 きずな整骨院 | 福岡県・福津市・福間駅 きずな整骨院・きずな整体院

0940-36-9439
LINE

Blog記事一覧 > 脊柱管狭窄症 > 脊柱管狭窄症でやってはいけないこと  福津市 脊柱管狭窄症 きずな整骨院

脊柱管狭窄症でやってはいけないこと  福津市 脊柱管狭窄症 きずな整骨院

2023.08.14 | Category: 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症でやってはいけないこと 福津市 脊柱管狭窄症 きずな整骨院

 

24時間LINEから簡単予約やお問い合わせ登録はこちらから↓↓
友だち追加

電話番号→0940−36−9439

本記事の信頼性

  • 2010年4月開業
  • 開業13年以上
  • 延べ60,000人以上(当院調べ2022年6月まで現在)
  • 柔道整復師国家資格保有者(平成16年4月6日取得)
  • 登録販売者
  • YouTube、インスタグラム、アメブロ、Twitterで健康情報発信
  • 地域に月に1回健康ニュースレター発信

 

脊柱管狭窄症でお悩みの方は歩行から改善していくきずな整骨院にご相談ください→https://kizunaseikotsuin.com/sekityuukannkyousakusyou

 

腰部脊柱管狭窄症の症状が強い場合、基本的には、腰を強く反らす腰を捻る方向の運動は無理してしない方がいいでしょう。

 

背骨が硬くなって結果腰部に負担がかかり続けた影響で脊柱管が狭くなる為、 脊柱管に牽引の力が入り、圧力が強くなる動きは症状が悪化する危険性があります。

 

急激な痛みやしびれが起こった場合は、まずは症状を悪化させないためにも、あまり動かず一旦は安静にするのがいいです。

長期間の安静が続くと、足の筋力や柔軟性、足のバランス感覚が弱まり、歩行力が落ちることで、全身の体力が低下します。

 

激しい痛みや痺れがある程度落ち着いたら、安静にせず適度な運動を行うことをお勧めします。 基本的には安静にしすぎること、腰に負担のかかる動作は避けるべきですが、特に腰を後ろにふんずりかえる姿勢、腰をひねるような動作はより神経を圧迫するストレスがかかるため注意が必要です。

初めて来院する前は、半信半疑でした。
腰痛で杖無しで5分も歩けなかったのが、50分は連続で歩けるようになりました

66 歳 男性 福津市 M.S さん

どんな経緯で来院され、どのような症状、状況でしたか?

以前から腰痛が有、整形外科で診察を受けてたところ、脊柱管狭窄症と診断され、しばらくリハビリを続けて少しは痛みも無くなり、リハビリもやめていました。 が 2018 年にふらつく等の症状で入院した所、病院の廊下で転んで尻をしこたま打 って腰痛がぶり返しました。最初は手持ちの治療器を使っていましたが、中々改善されませんでした。ある日新聞に当院の広告が入っていたので、ダマサレタ(失礼)つもりで電話しました。

実際に受けた感想と、通うようになってどのような変化がありましたか?

イメージはバキバキ、ゴキゴキだと思っていたが、実にソフトで意外でした。
最初は杖なしでは 5~10 分も歩けませんでしたが、杖を使うと 20 分程度歩ける様になった

体調が改善してきて一番良かった事は何ですか?

他の整骨院に行ったのが、何十年も前なのでよく覚えていませんが、器具を使った治療だったと思います。セルフケア説明はなかったと思います。
今では杖無しで 50 分程度歩ける様になりました。1 時間を目指したいです!

先生の人柄と同じ状況で悩んでいる方へメッセージをお願いします。

毎回丁寧に説明してくれますし、生活の中で出来る体操等の資料も頂けます。
悩んでいる方は一度相談されてはいかがですか。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

 

脊柱管狭窄症でお悩みの方は,歩行から改善していくきずな整骨院にご相談ください→https://kizunaseikotsuin.com/sekityuukannkyousakusyou