メニュー TEL LINE Mail

福津市で股関節が痛くて歩けなくなる心配がある方へ | 福岡県・福津市・福間駅 きずな整骨院・きずな整体院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 股関節痛 | きずな整骨院・きずな整体院|福津市の記事一覧

福津市で股関節が痛くて歩けなくなる心配がある方へ

2021.12.13 | Category: ブログ,変形性股関節症,股関節痛

福津市で股関節が痛くて歩けなくなる心配がある方へ

 

福津市で股関節痛を改善することに情熱を燃やす治療家

きずな整骨院 諸熊です。

 

整形外科や病院、他整骨院では股関節痛の原因に対して同時にアプローチして処置するところは少なく

 

痛みには鎮痛薬、筋肉にはマッサージやストレッチをして様子を見る所が多いです。

 

そして経過が思わしくなければ薬を強くしたり選択するというケースが一般的です。

 

その常識を覆そうと日々挑戦している。

福津市で股関節が痛くて歩けなくなる心配がある方へ

 

自転車に乗ったあと股関節が痛くなる
最近腰が痛くなる
膝が時々痛くなる正座がしにくい
ダイエットしたがまたリバウンドする
朝とくにめまいが出る

 

この様なお悩みはありませんか?

 

福津市で開業10年以上地域の皆さんに健康のお手伝いをしている

きずな整骨院 諸熊がお伝えします。

 

目次

1、原因

2、対処法

3、改善しない場合

 

1、原因

 

この症状は骨盤のバランス低下と全身のポンプ機能低下が併発している状態です。

 

一般的に、関節を和らげるストレッチやマッサージをして様子を見ていることが多いです。

 

関節の滑らかさや骨盤にダメージが入る日常生活の動作を見直していかないといけません。

 

症状が繰り返す方や歩行痛が出だしている方は特に注意が必要です。

 

2、対処法

1,普段の座り方を見直す
→床座りを減らす、ソファーで足を上げて座るなど

 

2,自転車
→段差に注意するや乗り降り時股間節を捻じる

 

3,骨盤体操

a.四つん這いになる
b.正面を向き、腰が反るようする
c.ゆっくりと前後に上半身をゆらす
d.少しずつ前後の動かす範囲を広くしていく
e.1セット20~30回

 

1,2,3を1ヶ月半繰り返してみてください。

 

文字の説明で分かりにくい方は

動画で説明しております。

こちらをクリックしてくださいhttps://youtu.be/b6cHr3OaUNQ

 

3、改善しない場合

 

対処法を続けても改善しない場合は、骨盤や関節へのダメージが深く治療が必要なパターンです。

 

当院は、骨盤と歩行機能から体を診ていき
カウンセリングと検査を元に原因を見つけ出ししていきます。

 

どこに行っていいかわからない方は
是非お気軽にご連絡ください。

 

きずな整骨院で改善した患者さんの声こちらをタップ→https://kizunaseikotsuin.com/happiness

 

LINE登録すると、自分のバランスを知れる検査動画を見ることが出来ます。
LINEからお気軽にご質問もできます。

登録はこちらから↓↓
友だち追加

 

股間節の症状や治療を詳しく知りたい方は
詳細欄からご覧ください→https://kizunaseikotsuin.com/kokansetsu-2

【膝痛の原因】 臀部痛と膝痛の対処法とオススメの食べ物

2021.11.17 | Category: 変形性股関節症,股関節痛,膝痛

膝痛

膝痛の原因って何?

臀部痛と膝痛の対処法とオススメの食べ物

☑️朝前かがみで臀部が痛い
☑️坂道を登ると臀部が痛い
☑️病院で背骨が狭い・膝の関節が狭いと言われた
☑️このままでは趣味や歩けなくなる心配がある
☑️自分の体がどうなっているのか知りたい

 

このようなお悩みはありませんか?

 

福津市で臀部痛や膝痛を改善することに情熱を燃やす治療家

きずな整骨院 諸熊です。

 

福津市で開業10年以上、健康のお手伝いをしてきた

 

きずな整骨院 諸熊があなたの症状の改善のヒントをお伝えします。

 

このブログでわかる事

原因

対処法

栄養の視点

改善しない場合

 

1,原因

骨盤

 

骨格のつながりの動き

 

この二つが原因になります。

 

骨盤は、歩行不足・尻もちや捻挫などのケガ・日常生活のクセなどの

影響で、骨盤が重力に負けると崩れてきます。

 

骨盤が崩れると体が傾き、背骨に負担がかかっていきます。

 

イメージで言うと、ちょうどこのピサの斜塔と同じようになります。

 

 

長期間続くと腰に近いところが狭くなっていき、臀部に痛みやしびれを引き起こします。

 

 

そして骨盤が弱くなり動きが悪くなると

 

骨盤→股関節→膝→足

 

この連動性が崩れて、膝に捻じる動作がはいり

 

膝の内側や外側、膝の後ろに痛みができます。

 

 

一般的にレントゲンを撮り

 

背骨の間が狭い、老化現象、坐骨神経痛・変形性膝関節症と言われ

 

ヒアルロン酸注射や痛み止めや血流改善の薬

 

牽引や電気治療をして様子を見ることが多いです。

 

症状が改善しなければ、薬をつよくしたり、手術を勧められることが多いのが現状です。

 

2,対処法

1,四つ這いになる
2,正面を向きつま先を立てる
3,ゆっくりと前後に上半身をゆらす
4,少しずつ動かせる範囲ギリギリまで動かす
5、最低20回、なれてきたら40回を目指す。

注意点

自己流でストレッチや筋トレ、体操をしている場合は一旦休む。
その体操で治るのを遅延させる為です。
(体操をするタイミングを間違えると壊します)

 

文字でわかりずらい方は

 

こちらの動画で復習してみてください→https://youtu.be/b6cHr3OaUNQ

 

3,栄養の視点

肉

体重減少や骨など身体をつくる場合は、栄養素が必要になります。

 

1,タンパク質を意識して取る
2,炭水化物を減らす
3,ご飯はおかずを食べてから最後にたべる
4,ビタミンCやMSM(有機イオウ)をとる

 

タンパク質は骨、血管、血液、ホルモン、皮膚や爪など

様々な組織の元になるのでしっかりを補給したいですね。

 

1日の量は

成人だと、体重×1.5~2.0=1日必要タンパク質量です。

 

食事だけでタンパク質を取るとなると沢山食べないと

いけないのと管理が難しいです。

 

プロテインを上手に取り入れると良いですよ(^^)

 

是非、以上を生活の中に取り入れてください。

 

4,改善しない場合

1ヶ月半以上しても症状の変化が見られない場合は治療が必要になります。

 

当院では、問診をしっかり行い原因を見つけ
検査をもとに原因を確定して施術を行います。

 

自宅ケアも丁寧にお伝えしています。

 

きずな整骨院で改善した患者様の声はこちら→https://kizunaseikotsuin.com/happiness

 

お悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

LINE登録すると、自分のバランスを知れる検査動画を見ることが出来ます。
24時間お気軽にご質問もできます。

 

登録はこちらから↓↓
友だち追加

 

坐骨神経痛の詳しい治療法や情報は詳細欄からご覧になってください

https://kizunaseikotsuin.com/zakotsu-2