メニュー TEL LINE Mail

福津市で肩こりと足のむくみで整体院を探しの方へ | 福岡県・福津市・福間駅 きずな整骨院・きずな整体院

0940-36-9439
LINE

Blog記事一覧 > 福津市 | きずな整骨院・きずな整体院|福津市 - Part 2の記事一覧

福津市で肩こりと足のむくみで整体院を探しの方へ

2021.11.04 | Category: ブログ,肩こり

福津市で肩こり足のむくみを改善することに情熱を燃やす治療家

きずな整骨院 諸熊です。

整形外科や病院、他整骨院では肩こり足のむくみの原因に対して同時にアプローチして処置するところは少なく

 

痛みには鎮痛薬、筋肉にはマッサージやストレッチをして様子を見る所が多いです。

 

そして経過が思わしくなければ薬を強くしたり選択するというケースが一般的です。

 

その常識を覆そうと日々挑戦している。

肩こり足のむくみで整体院を探しの方へ

 

常に肩が凝っている
首や肩の凝りがひどくなると頭痛もする
五十肩にもなったことがあり自然に良くなった
昔めまいで動けなくなったことがある
病院や整骨院に通っているが段々ひどくなっている

 

このようなお悩みはありませんか?

 

この症状は、骨盤と栄養不足が問題で起こることがあります。

 

一般的には、姿勢や足の長さが違う、運動不足と言われマッサージや歪みの矯正、ジムなどで体を動かして様子をみている方が多いです。

 

改善しない方は原因が他にあります。

 

骨盤と首、体の循環は関係があり、骨盤の弱さや連動性が低下すると足など全身の循環機能がていかします。

結果、首や肩が凝ったり、むくみが改善しない状態になります。

 

栄養の視点では、水分を組織に保つには
タンパク質が不足していると水分を保持できなくなりむくみの原因になります。

 

現代は糖質過多でタンパク質やビタミン・ミネラル不足が起きており

 

自分ではバランスよく食べていると思っていても実は栄養が足りていない事が多い状況です。

 

骨盤の強さと栄養の改善が重要になります。

 

骨盤に対しては、ゆっくりのペースでウォーキングをまずは15分から初めてください。

栄養に対しては、タンパク質で特に卵、肉、魚を中心に食事を取ってみてください。

 

これらを続けても改善が見られない場合は
治療と自宅ケアが必要になります。

 

当院は、骨盤と栄養の視点から、体をトータルに診ていきます。

 

お悩みの方は是非ご相談ください。

 

肩こりの情報・治療法などは詳細欄より
ご覧ください→https://kizunaseikotsuin.com/katakori

腰痛の原因は股関節からきているかも?病院に行くべき3兆候

2021.10.22 | Category: ブログ,変形性股関節症,股関節痛,腰痛

腰痛の原因は股関節からきているかも?病院に行くべき3兆候

腰がこりやすい
左肩甲骨がこりやすい
朝が特に腰や股関節のコリを感じやすい
股関節が痛くて3~4時間しか寝れない
色んな所に治療に行ったが改善しない

 

上記でお悩みはありませんか?

 

この記事の内容

病院に行くべき3兆候

腰痛と股関節との関係

臼蓋形成不全と腰痛の関係

股関節痛を伴う腰痛の対処法

 

 

  • 2010年4月開業
  • 開業12年以上
  • 新規数延べ2,000人以上(当院調べ2022年6月まで現在)
  • 柔道整復師国家資格保有者(平成16年4月6日取得)
  • 登録販売者
  • YouTube、インスタグラム、アメブロ、Twitterで健康情報発信
  • 地域に月に1回健康ニュースレター発信

福津市で開業10年以上

地域の方の健康のお手伝いをさせて頂ています。

きずな整骨院 諸熊です。

 

このブログを見る事で

腰痛と股関節の同時に症状がでいる原因と対処法を知ることが出来ます。

 

病院に行くべき3兆候

病院に行くべき兆候として3つあります。

1、夜中に股関節が疼いて起きることが週に2回以上ある

夜中に股関節が疼く場合は、股関節の関節軟骨がすり減ってきて、関節内部にある滑膜に炎症が起きている可能性があります。

この状態を放っておくと関節変形につながるため早期に検査をおすすめします。

 

もしレントゲンで分からない場合はMRIの検査を頼んで詳細にみてもらいましょう。

 

2、しゃがむと股関節が痛い

しゃがみ動作で股関節が痛い場合は関節の摩耗が進行していて、股関節の関節液が少なく動かす際に擦れている可能性があります。

 

しゃがみの動作は仕事柄や生活習慣で日常当たり前に使う動作で、本人が気付きにくく、早めの検査をおすすめします。

 

3、歩き方が悪いと最近良く言われる

歩行動作と股関節の関係は深く、通常は痛みのある側には体重をかけたくない傾向にあります。

引きずる歩き方や、着地した際に体が横や縦にブレやすいです。

 

生まれつきの場合もある為、歩き方で最近おかしいと言われ出している方は要注意になります。

そのような方は早めに検査をおすすめします。

 

3つの兆候が一つでも出ている方は股関節に何らかの異常がある可能性が高い為検査に行かれることをおすすめします。

 

腰痛と股関節との関係

骨盤と股関節はボールとソケットの関係があり、どちらかに影響があると骨盤が傾くことで腰椎に負担がかかってきます。

 

体重は左右の足に均等に載ってきますが、骨盤側(ソケット側)や股関節側(ボール側)の関節に軟骨がすり減っていたり

本来の関節可動域の動きができない場合に体重が上手に乗らないと、傾きが起こり腰椎にねじれのストレスがかかります。

 

骨盤と股関節は重心や体を動かす上で重要な関係をしています。

 

【変形性股関節症 原因と対処法】50代女性の股関節痛(足の付け根の痛み)

 

臼蓋形成不全と腰痛の関係

臼蓋形成不全は骨盤側のソケット部分になる臼蓋という関節窩が発達不足で小さい形状をしています。

変形性股関節症の方の80%が併発しています。

 

原因として遺伝要素、逆子出産、幼少期の生活環境などが影響しています。

骨は骨刺激により成長しますが、ハイハイ不足、歩行不足により臼蓋に体重が乗る時間が不足した為、関節が発達不足となっていることが多いです。

 

臼蓋形成不全の関節は骨頭を広い面で支えるとこができない為関節の可動域が狭くなり一点に力が集中しやすくなり関節の動きが悪くなりやすいです。

 

股関節の動きが狭くなると骨盤を上手に動かすことができなくなり、関節のサビ付きや弱くなります。

さらに骨盤の傾きがおきて腰椎の傾きがおきて、腰周辺の筋肉を引っ張ることで腰痛を併発します。

 

股関節痛を伴う腰痛の対処法2選

腰椎と股関節を同時に動かす体操を2つお伝えします。

 

四つ這い前後体操

1、四つ這いになります

2、顔を正面向きます

3、顔は正面を向いたままゆっくりしゃがんでいきます

4、しゃがみこんだらゆっくり戻していきます

5、繰り返します。

 

1セット10〜20回

 

この体操をすることで股関節に荷重をかけながら骨盤と腰椎を連動させて硬くなった関節と筋肉を和らぎやすくします。

 

動画で解説はこちらから

アーサナ

1、四つ這いになります

2、おへそを覗き込むように背中を丸めます

3、そのままゆっくりとしゃがんでいきます。

4、しゃがみこんだら逆に顔を正面向きながら天井を向いていき上半身を反っていきます。

5、くりかえします。

 

1セット10〜20回

 

この体操をすることで背骨の関節と股関節の連動性、潤滑性を取り戻すきっかけを作っていきます。

 

動画で解説はこちらから

まとめ まずは検査をして現状を把握しましょう!

いかがだったでしょうか?

今回は4つの目次について解説していきました。

 

病院に行くべき兆候

腰痛と股関節との関係

臼蓋形成不全と腰痛の関係

股関節痛を伴う腰痛の対処法

 

あなたが病院に行くべき兆候が一つでもあれば早急に行動されてください。

 

そのままにすると悪化の道をたどり関節の変形が進む可能性があります。

 

もし検査に行かれ、現状や今後の治療計画をお聞きになりリハビリをしていみてこのまま改善する傾向が見られない

もしくは治そうという治療ではないと感じる方は一度ご相談ください。

 

あなたの力になれるかもしれません。

 

きずな整骨院で改善された患者様の声

 

是非お悩みの方は気軽にお問い合わせください。

 


登録はこちらから↓↓
友だち追加

関連記事

福津市で腰痛・股関節痛と睡眠不足で悩んでいる方へ

 

福津市で股関節が痛くて歩けなくなる心配がある方へ

 

【運動療法】福津市で変形性股関節症のリハビリをしているけど改善しない方

 

福津市でウォーキングの歩き方を知りたい方【悪化する歩き方ベスト3】

 

【坐骨神経痛】急激な痛みでビリビリして歩けない方へ

 

【福津市・坐骨神経痛】痛みの原因・症状・激痛対処法

2021.10.15 | Category: ブログ,坐骨神経痛

【福津市・坐骨神経痛】痛みの原因・症状・激痛対処法

坐骨神経痛で病院や整骨院に行っても効果がなく、薬や電気治療、マッサージだけでいつも同じ。

最近激痛で日常生活に支障がでているどうしたらいいのだろう?

 

こういった疑問にお答えしていきます。

 

2010年開業

福津市で坐骨神経痛を改善することに情熱を燃やす治療家

きずな整骨院 諸熊です。

 

 

このブログの目次

 

坐骨神経痛の症状と原因

坐骨神経痛の対処法と運動法(激痛で動けない痛みの場合)

改善しない場合

 

坐骨神経痛の症状

 

坐骨神経痛の症状は、その方それぞれの感じ方があります。

 

 

「ジンジンする」「ズキズキする」

「鈍い痛いがする」「熱くなったり冷たくなったりする」

「力がぬける感じ」「正座したあとの感じで感覚がない」

など様々な表現をされます。

 

 

坐骨神経痛の主な症状

 

1,お尻に力が入るとピリピリした痛みがある

2,お尻~太もも裏にかけて痛みやしびれを感じる

3,寝返りの度にお尻がズキっと痛い

4,前かがみなるとお尻が痛い

5,仰向けに寝るとお尻からスネにかけてジンジンする

 

この様な症状が一つでもあれば坐骨神経痛を疑われます。

 

上記以外にも、

 

失禁・頻尿などの排尿障害

会陰部がしびれたり・ほてるなどの異常感覚がある

 

こういった場合には、重度の腰椎疾患を疑われますので早期に

病院で検査を受けるようにしましょう!

 

                              

坐骨神経痛の原因

 

坐骨神経痛は、様々な原因により起こります

 

 

大きく3つの原因で起こります。

 

 

関節にダメージが入っている
関節の傾きにより神経を引っ張る
痛みの範囲に関係ある関節の潤滑不全

 

 

関節にダメージが入っている

 

日常生活やケガ、スポーツなどで骨盤に直接負担がかかったり

「転倒などで膝を打つ」「ふとももの横を打つ」「階段から尻もち」

「昔のスポーツのケガ」などで、骨盤に直接や関節的に衝撃が入る場合です。

 

 

当院に来られる方で、カウンセリングで過去のケガや生活状況を

お聞きした際によく聞く原因になります。

 

えってそんな昔の事が原因になるの?と驚かれます。

 

良く思われる、年だから年齢的なものではないのです。

 

 

関節の傾きにより神経を引っ張る

 

これは先程の、ケガや日常生活からくる骨盤への衝撃や

骨盤が弱くなる状態で土台が傾いた状態です。

 

 

例えると

家の基礎が傾いた状態で、床にビー玉を置くと

勝手に転がっている状態です。

 

 

体で言うと、骨盤の上につながっている腰の骨が傾き

関節や血管、神経などを引っ張っている状態です。

 

 

神経が引っ張られることで血流が悪くなり

痛みやしびれの感覚が出てきます。

 

 

痛みの範囲に関係ある関節の潤滑不全

 

これは歩行不足や痛みをかばうことで

関節を動かさないと関節の潤滑液であるヒアルロン酸などが

充分に出てない状態です。

 

 

体はつながりの動いているので、どこか1つでもさび付いて

動きがスムーズになっていないとその部分を中心に筋肉や神経に

負担がかかってきます。

 

 

例えると

長期間乗っていなかった、自転車のチェーンのサビ付いた状態です。

 

 

一般的に、病院や整骨院では坐骨神経痛と言われます。

 

しかし坐骨神経痛といってもその方々で原因があります。

 

 

だからこそ中々症状が改善しない方が多いのが現状です。

 

 

しかし、

レントゲンやMRIで異常がなく、痛み止めを処方されたり、電気や温め、マッサージで

様子を見ることが多いです。

 

 

レントゲンで異常がある場合

脊柱管狭窄症

腰椎分離症・すべり症

腰部ヘルニアなどです。

 

 

これらの診断を受けた方も、3つの原因が長期間あることで

徐々に進行していき、結果として背骨の変形性につながっています。

 

 

痛みが改善する方もいますが、
症状が変わらず徐々に悪化をたどる方も多いのが現状です。

 

激痛の坐骨神経痛の対処法

対処法1(氷でアイシング)

骨盤の関節(お尻の割れ目の上にある骨)

 

 

氷のう(必ず氷でアイシング)で20分直接冷やしください。

 

 

まずは2週間1日に2回、昼と夜にやってみてください。

 

 

関節内の熱が抜けることで症状が緩和しや少なります。

 

 

アイシングの効果とやり方の説明動画はこちら▶︎https://youtu.be/aDldjT8MVWg

 

 

対処法2(四つ這い前後体操)

運動法として、四つ這い前後体操をお伝えします。

 

 

1、まず四つ這いになります。

 

→手は肩より前に置く、股関節の下に膝が来る、足先はつま先立ちです。

 

2,顔は正面を向いて、少し腰を反ります(無理しない程度に)

 

 

3、おへそを覗き込むように背中を丸めて、ゆっくりとしゃがんでいきます。

→その時息はゆっくりと吐いていきます。

→しゃがめるところまでしゃがむ

 

 

4,次はゆっくりと上半身を前に動かす

 

 

5,おへそを覗き込む、前に上半身を動かすことを繰り返す

 

 

→1セット20~30回

スピードゆっくりとやってみてください。

 

※アイシングをしながらやると効果的です。

 

四つ這い前後体操の動画はこちら→https://youtu.be/b6cHr3OaUNQ

改善しない場合

2週間~1ヶ月半続けても変わらない、ひどくなる場合は

 

 

骨盤にダメージが強く入っているので治療が必要になります。

 

 

きずな整体院では、骨盤と歩行から身体を診ていき「関節潤滑整体」という整体法で、あなたの改善しない症状を改善に導いていきます。

 

 

きずな整骨院に来られた患者さんの声https://kizunaseikotsuin.com/happiness/zakotsu

 

 

LINE登録すると、自分のバランスを知れる検査動画を見ることが出来ます。
24時間、お気軽にご質問もできます。

 

 

登録はこちらから↓↓
友だち追加

 

きずな整骨院の情報は

 

 

坐骨神経痛の情報や治療法は詳細欄から
ご覧ください→https://kizunaseikotsuin.com/zakotsu-2

 

【過去の記事】

 

【体操法あり】肩こりの原因・体操法を知って根本改善する方法【福津市】▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-5932

 

【四十肩・五十肩の原因と対処法】福津市で四十肩・五十肩の夜間痛で困っている方へ▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-5896

 

【運動療法】福津市で変形性股関節症のリハビリをしているけど改善しない方▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-6196

 

福津市で産後から全身が筋肉痛で整体院を探している方へ         ▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-5601

 

福津市で膝にヒアルロン酸注射をしているが効果を感じない方へ     ▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-5722

 

【坐骨神経痛】急激な痛みでビリビリして歩けない方へ        ▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-4508

 

福津市ですべり症・脊柱管狭窄症の症状で悩んでいる方へ       ▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-5274

腰痛と繰り返すこむら返りを改善する整体院を福津市で探している方へ

2021.10.06 | Category: ブログ,腰痛,足の痛み

 

先が毎晩つる痛む
最近肩こりがひどく手を伸ばすと痛い
背中・腰が張って痛い
体重も増えて体質改善をしたい
病院で漢方薬の知慮を半年以上しているが効果を感じない

 

この様なお悩みはありませんか?

 

本記事の内容

腰痛とこむら返りの原因(骨盤と足の関係)

一般的な原因と対処法(注意点あり)

きずな整骨院の対処法(ミルキングアクション法)

 

  • 2010年4月開業
  • 開業12年以上
  • 新規数延べ2,000人以上(当院調べ2022年6月まで現在)
  • 柔道整復師国家資格保有者(平成16年4月6日取得)
  • 登録販売者
  • YouTube、インスタグラム、アメブロ、Twitterで健康情報発信
  • 地域に月に1回健康ニュースレター発信

 

福津市で腰痛と繰り返すこむら返りを改善することに情熱を燃やす治療家

きずな整骨院 諸熊です。

 

整形外科や病院、他整骨院では腰痛こむら返りの原因に対して同時にアプローチして処置するところは少なく、痛みには鎮痛薬、筋肉にはマッサージやストレッチをして様子を見る所が多いです。

 

そして経過が思わしくなければ薬を強くしたり、原因が分からずどこに行っていいかわからないので悪化しているケースが一般的です。

 

その常識を覆そうと日々挑戦している。

 

腰痛とこむら返りの原因(骨盤と足の関係)

この症状は骨盤の動きの問題と腰の神経伝達の問題でなります。

 

骨盤の動きの問題

骨盤は仙腸関節という関節と恥骨という関節の2つの関節面がお互いに強調して動いています。

このどちらか一方の関節の動きが悪くなると移動動作動作に影響します。

 

骨盤を前に傾けて足を出し、体重をかけて前に進む動作がスムーズにできなくなり

ふくらはぎのポンプ作用が低下することで、血流障害によりこむら返りが出やすくなります。

 

腰の神経伝達の問題

腰からは坐骨神経という太くて長い末梢神経がお尻から足先まで伸びています。

 

この坐骨神経が腰痛や骨盤の影響から神経に対する血流低下がおきて抹消への神経伝達が上手にできなくなることで

ふくらはぎの筋肉の異常興奮によりこむら返りがおきます。

 

 

一般的な原因と対処法(注意点あり)


水分不足や運動不足が主な原因とされ、中には「歳だから」と言われることもあります。

 

水分摂取や漢方薬を勧められているのが一般的です。

 

注意点

まれに心臓系、腎臓系、血管系、骨格の変形性からくる場合があり、病院での治療が必要な場合があります。

 

きずな整骨院の対処法(ミルキングアクション法)

骨盤と足の連動性を促す関節体操をお伝えします。

※水分摂取は必須です

 

ミルキングアクション

1,仰向け寝ます

2,足首を交互にペダルを踏む様に動かします。

3,1セット100回を目指して行います。

4,スピードは自分の歩くスピードです

 

動画で体操をみる

 

 

この体操を、1週間続けてみてください。
足がつる回数が減ってくると思います。

 

もし変わらなければ、骨盤や関節のダメージ、連動性が低下しているので、治療が必要となります。

 

もしあなたの症状が改善しない、色んな治療院に行っているが効果を感じない場合は当院にご相談ください。

 

腰部の治療院を探している方はこちら

 

LINE登録すると、自分のバランスを知れる検査動画を見ることが出来ます。
24時間、お気軽にご質問もできます。

登録はこちらから↓↓
友だち追加

関連記事

福津市で腰痛・股関節痛と睡眠不足で悩んでいる方へ

 

福津市で股関節が痛くて歩けなくなる心配がある方へ

 

【運動療法】福津市で変形性股関節症のリハビリをしているけど改善しない方

 

福津市でウォーキングの歩き方を知りたい方【悪化する歩き方ベスト3】

 

【坐骨神経痛】急激な痛みでビリビリして歩けない方へ

【対処法あり】福津市で足のシビレの治療を探している方へ

2021.10.01 | Category: ブログ,坐骨神経痛,変形性股関節症,股関節痛

膝痛

整形外科や病院、他整骨院では足のしびれの原因に対して同時にアプローチして処置するところは少なく

痛みには鎮痛薬、筋肉にはマッサージやストレッチをして様子を見る所が多いです。

 

 

そして経過が思わしくなければ薬を強くしたり選択するというケースが一般的です。

 

 

その常識を覆そうと日々挑戦している。

 

福津市で2010年より開業

地域のみなさんの健康のお手伝いを

しております。

 

きずな整骨院

諸熊です。

 

 

このブログは

足のしびれの治療をしているけど

改善しない状況で、どこか治療院を探している方に向けた

情報をなっております。

 

 

もちろん自分でなんとかしたい方も

ぜひご覧ください。

 

対処法もお伝えしております。

 

このようなお悩みはありませんか?

 

 

1年前から足先のシビレがでている
最近反対の足にもシビレが出てきた
足がもつれたりつまずいたりする
夜中急にこむら返りを起こすことがある
整形外科や整骨院でリハビリしているがひどくなっている

 

 

上記の内、一つでも当てはまる方は体のバランスが崩れている

可能性があります。

 

 

このブログを読み進めてください。

 

 

目次

 

しびれの原因

病院に行った方がいい場合

対処法

改善しない方へ

 

しびれの原因

この症状は神経を引っ張られている状態です。

 

一般的には

 

すべり症、脊柱管狭窄症、ヘルニア、腰椎椎体変性など診断され、ビタミン剤やプレガバリン、シップ牽引、電気などの対症療法になります。

 

整骨院では電気、温め、マッサージ、ストレッチなどで筋肉にアプローチするところが多いです。

 

シビレの原因は

多くの場合は骨格の崩れにより腰の骨が傾き神経を牽引(引っ張られている状態)されてシビレとして症状を感じます。

 

例えると
傾いた斜面に立っている状態です。

 

 

倒れないように
体を捻じらせ姿勢をくずして体勢を整えている状態です。

 

 

病院に行った方がいい場合

 

しびれで特に注意したい病気は脳卒中になります。

 

 

脳卒中とは、脳血管に障害が起こる病気(脳血管障害)の総称で

 

代表的なものとして、脳梗塞やくも膜下出血だのがあります。

 

 

このような症状があり場合は

 

すぐに病院で検査を受けていください。

 

言語障害→言葉が出てこない、ろれつが回らない

半身まひ→片方の手足や顔の半分が動かない、しびれる

激しい頭痛→今までに経験したことのない痛み、後頭部を打たれたような痛み

 

 

対処法として

 

1,四つ這いになります。
2,右手→右足、左手→左足の順に前に進む
3,直線5メートルほど行ったら折り返す
4,この動作をゆっくりまずは3分続ける

 

※膝が痛くなるので、膝パット付きサポーターをすると良いです。

 

詳しく知りたい方は、
きずな整骨院のYouTubeから、「四つ這いハイハイ体操スロー」をご覧ください。

 

四つ這いハイハイ体操スロー→https://youtu.be/ZEz1c3H3zuI

 

 

改善しない方

 

1ヶ月半以上続けても改善しない場合は
治療が必要になります。

 

 

当院では、独自の治療技術と体の改善方法で骨盤と歩行機能から体を診ていきます。

 

 

きずな整骨院に来られた患者さんの声→https://kizunaseikotsuin.com/happiness

 

LINE登録すると、自分のバランスを知れる検査動画を見ることが出来ます。24時間、お気軽にご質問もできます。

 

登録はこちらから↓↓
友だち追加
お悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

坐骨神経痛やしびれの治療法は情報を詳しく知りたい場合は詳細欄をご覧ください→https://kizunaseikotsuin.com/zakotsu-2

 

【過去の記事】

 

【体操法あり】肩こりの原因・体操法を知って根本改善する方法【福津市】▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-5932

 

【四十肩・五十肩の原因と対処法】福津市で四十肩・五十肩の夜間痛で困っている方へ▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-5896

 

【運動療法】福津市で変形性股関節症のリハビリをしているけど改善しない方▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-6196

 

福津市で産後から全身が筋肉痛で整体院を探している方へ▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-5601

 

福津市で膝にヒアルロン酸注射をしているが効果を感じない方へ▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-5722

 

【坐骨神経痛】急激な痛みでビリビリして歩けない方へ▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-4508

 

福津市ですべり症・脊柱管狭窄症の症状で悩んでいる方へ▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-5274

福津市で産後から全身が筋肉痛で整体院を探している方へ

2021.09.21 | Category: ブログ,骨盤矯正・産後骨盤矯正

福津市で産後から全身が筋肉痛で整体院を探している方へ

 

✓背中~腰など全身が筋肉痛になって辛い
✓横向きで寝ることが多くて腰が痛い
✓産後2ヵ月たっても治らない
✓耳鳴り、めまい、頭痛、むくみ、冷え症で辛い
✓慢性腰痛で元々悩んでいた

 

この様なお悩みはありませんか?

 

福津市で産後骨盤を改善することに情熱を燃やす治療家

きずな整骨院 諸熊です。

 

 

整形外科や病院、他整骨院では産後骨盤の原因に対して同時にアプローチして処置するところは少なく

痛みには鎮痛薬、筋肉にはマッサージやストレッチをして様子を見る所が多いです。

 

 

そして経過が思わしくなければ薬を強くしたり選択するというケースが一般的です。

その常識を覆そうと日々挑戦している。

 

 

このブログ記事は

産後から全身が痛くて困っている方へ

「産後から体調が悪い、横向きに寝ると腰が痛い

頭痛、めまい、冷え性、むくみがある」

 

 

こんな悩みで困っている方に

改善のヒントをお伝えしていきます。

 

 

この記事の目次

 

症状原因

対処法

 

症状

この症状は
骨盤の弱化に生活習慣の負担が加わった状態です。
子育ての状況は変え

 

 

れないので辛い状態が続きやすいです。

 

 

一般的には、骨盤のズレや足の長さなどの矯正、マッサージで対応する事が多いです。

 

 

しかし、
中々改善しない方もいます。

 

 

さらにここから症状が悪化してその後に悪影響していくパターンがあります。

 

原因

根本の原因は
骨盤の関節の弱さになります。

 

 

例えると
柔らかい土の上に家の基礎を作って立てられた状態です。

 

 

これでは
色んな体の態勢を支えられないので
直ぐに筋肉に負担がかかり症状が出やすくなります。

 

 

対処法

 

骨盤に晒しを巻くことです。

 

 

よくあるトコちゃんベルトは骨盤を固定してします。
骨盤本来の動きや機能が発揮できない状態になり痛みや不調が出やすくなります。

 

 

日本人の骨盤に合った晒しをしていく事で
骨盤を優しく安定させていきます。

 

 

まずはお試しください。

 

動画で晒しの準備の仕方と巻き方を解説しております。

 

ぜひご覧になってください。

 

 

晒しの準備▶︎https://youtu.be/z10XNfLI9PI

 

晒しの巻き方▶︎https://youtu.be/9lO3ssMm3lQ

 

 

 

それでも改善が見込めない場合は
骨盤や体にダメージが入っていたり

 

炎症反応が抜けにくい状態になっているので
その場合は治療が必要になります。

 

当院では、問診、カウンセリングをしっかり行い、骨盤と歩行動作から身体を検査し、

それを元に関節を滑らかにする「関節潤滑整体」により症状改善から再発防止に導いていきます。

 

きずな整骨院に来られた患者さんの声→https://kizunaseikotsuin.com/happiness

【過去の記事】

 

 

【体操法あり】肩こりの原因・体操法を知って根本改善する方法【福津市】▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-5932

 

【運動療法】福津市で変形性股関節症のリハビリをしているけど改善しない方▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-6196

 

福津市で膝にヒアルロン酸注射をしているが効果を感じない方へ▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-5722

 

【坐骨神経痛】急激な痛みでビリビリして歩けない方へ▶︎https://kizunaseikotsuin.com/post/post-4508

 

 

LINE登録すると、自分のバランスを知れる検査動画を見ることが出来ます。24時間、お気軽にご質問もできます。

 

登録はこちらから↓↓
友だち追加

ぜひお気軽にご登録ください。

 

お気軽にご連絡ください。
産後骨盤の治療や症状を詳しく説明しているはこちらから→https://kizunaseikotsuin.com/kotsuban

【腰痛改善の為のオススメ座り方】生活習慣が原因の腰痛予防

2021.09.13 | Category: ぎっくり腰,ブログ,ヘルニア,脊柱管狭窄症,腰痛,腰部ヘルニア,骨盤

荷物を持ち上げたら腰がビリっとする
動く度にズキンっとして痛い
イスに座っていても腰に違和感がある
腰だけでなく肩も常に凝っている
色々治療したが良くならないひどくなっている

 

この様なお悩みはありませんか?

 

この症状は、関節がサビ付ききっかけが入り
関節や筋肉を痛めた状態が続き炎症反応が落ち着かない状態です。

一般的には、シップやストレッチ、電気などで様子を見ることが多いです。

 

本記事の内容

腰痛改善の為のオススメ座り方

腰に負担がかからない寝方

腰痛の対処法

 

  • 2010年4月開業
  • 開業12年以上
  • 新規数延べ2,000人以上(当院調べ2022年6月まで現在)
  • 柔道整復師国家資格保有者(平成16年4月6日取得)
  • 登録販売者
  • YouTube、インスタグラム、アメブロ、Twitterで健康情報発信
  • 地域に月に1回健康ニュースレター発信

 

痛みが繰り返している場合は
原因を突き止めたり、日常生活でどのような体の使い方をしているかお聞きして修正しないと慢性的な状態になっていきます。

 

この記事を読み進めて日常生活の悪いクセを改善して腰痛から抜け出しましょう!

 

 

腰痛改善の為のオススメ座り方

椅子への座り方 床への座り方の2つお伝えします。

 

椅子への座り方

1、椅子に座ります

2、足裏を接地します

3、深くお辞儀をします

4、顔だけ正面をを向いて天井を見てきます。

5、首→背中→腰→骨盤と背骨を立てていき上体を起こしていきます

6、骨盤が立ったら顔を正面向き顎を引いて完成です

 

足裏と骨盤が立つので骨格で安定した姿勢になっています。

 

 

まずは1日1回以上は慣れるために続けて、1セット15〜30分を目安で続けてください。

 

床への座り方

正座・踵座り・クッションを使ってあぐらの3つあります

 

正座

骨盤が自然と立ち背骨のS字カーブが出て骨盤が安定します。

 

踵座り

正座と同じですが足首の血流が悪くなりにくいためやりやすいです

 

クッションを使ってあぐら

あぐらは骨盤が後ろに傾くため良くないですが骨盤にクッションを挟むことで骨盤を立てることができ安定して座ることができます。

 

どれか一つではなくこの3つを使って分散してください。

 

 

座る姿勢は骨盤に直接負担がかかり、骨盤と頭を繋いでいる背骨のS字カーブをどれだけキープできるかが重要になります。

 

 

 

腰に負担がかからない寝方

腰に負担がかからない寝方はこれは寝返りが打ちやすいかが重要になります。その中で枕や寝具がポイントになります。

 

幅は60㎝以上 長さは50㎝以上 通気性の良いパイプ系の素材をおすすめします。

 

就寝時は寝返りをスムーズに打てるかが大事になります。寝返り時を考慮し幅は60㎝以上必要とし、肩までしっかり方まで包んでくれる長さが必要なので50㎝の大きさが最適です。

 

頭寒足熱といい頭の温度は足より低い方が脳は休めれるため通気性の良いパイプ素材をおすすめします。

 

寝具

固すぎず柔らかすぎずの高反発素材をおすすめします。

寝返りがスムーズにできるかが大事になるため一度寝てみて確かめた方がいいですよ。

 

きずな整骨院院長がおすすめする枕はこちら↓↓↓
ゴッドハンド整体師の作った『整体枕』

 

腰痛の対処法

日常生活に連続歩行を取り入れていきましょう!

 

2週間は20分で体を慣らしてください。

次は30分→43分をひとまずゴールとして連続歩行の習慣を作ってください。

 

歩くことで

骨盤と足が動き関節や筋肉の循環が良くなります。

 

心肺機能や内臓機能、自律神経も刺激され、体の代謝向上、排泄機能向上によりストレスに強い体を作ることができます。

 

まとめ 日常生活を見直そう!

 

いかがだったでしょうか?

 

腰痛改善の為のオススメ座り方

腰に負担がかからない寝方

腰痛の対処法

 

それぞれを意識してみてください。

 

 

もしあなたの症状が改善しない、色んな治療院に行っているが効果を感じない場合は当院にご相談ください。

 

腰痛の治療法は詳しい情報はこちら

 

LINE登録すると、自分のバランスを知れる検査動画を見ることが出来ます。
24時間、お気軽にご質問もできます。

登録はこちらから↓↓
友だち追加

関連記事

福津市で腰痛・股関節痛と睡眠不足で悩んでいる方へ

 

福津市で股関節が痛くて歩けなくなる心配がある方へ

 

【運動療法】福津市で変形性股関節症のリハビリをしているけど改善しない方

 

福津市でウォーキングの歩き方を知りたい方【悪化する歩き方ベスト3】

 

【坐骨神経痛】急激な痛みでビリビリして歩けない方へ

福津市で繰り返す腰痛を改善する治療院を探している方へ

2021.08.22 | Category: ブログ,腰痛

福津市で繰り返す腰痛を改善することに情熱を燃やす治療家

きずな整骨院 諸熊です。

整形外科や病院、他整骨院では繰り返す腰痛の原因に対して同時にアプローチして処置するところは少なく、痛みには鎮痛薬、筋肉にはマッサージやストレッチをして様子を見る所が多いです。

そして経過が思わしくなければ薬を強くしたり選択するというケースが一般的です。

その常識を覆そうと日々挑戦している。

腰を強くするプロジェクト1 

こんな方にオススメです。

 

1,腰痛で悩んでいる

2,お腹を引き締めたい

3,スポーツをやっている

4,健康的な体を手に入れたい などの方にオススメに体操になっております。

 

お腹周りや骨盤~体幹を鍛えていきます。

 

プランクを基本のトレーニングとして これからいくつかご紹介していきます。

 

その他腰痛の現状や治療法など詳しい内容はこちらから

https://kizunaseikotsuin.com/youtsuu

 

腰を強くするプロジェクト1はこちらから

福津市で鎮痛薬を飲まないで頭痛を改善する治療院を探している方へ

2021.07.01 | Category: ブログ,頭痛,首痛

福津市で肩こり頭痛を改善することに情熱を燃やす治療家

きずな整骨院 諸熊です。

整形外科や病院、他整骨院では肩こり頭痛の原因に対して同時にアプローチして処置するところは少なく、痛みには鎮痛薬、筋肉にはマッサージやストレッチをして様子を見る所が多いです。

そして経過が思わしくなければ薬を強くしたり選択するというケースが一般的です。

その常識を覆そうと日々挑戦している。

首が痛い・頭痛鎮痛薬を飲まないと辛い方へ

✓朝起きると首や肩が固まっている
✓疲れると腰が張ってくる
✓こめかみや後頭部が締め付けられる
頭痛がひどくて鎮痛薬が手放せない
✓根本から改善したいので治療院を探している

上記のお悩みで困っていませんか?

この症状は構造の問題と機能的な問題の2つがあります。

構造の問題は、直接受けた外傷(交通事故やケガなど)や長期的な首の負担により関節の変形が起きた状態です。

機能的な問題は、骨盤の崩れから傾きが出来て
バランスを取ろうとした結果首に負担がかかった状態です。

一般的には首や肩の筋肉を緩めたり、ストレッチをしたり、体操することで筋肉の緊張を和らげることをしていきます。

その時はいいが戻ってしまう方は
上記の機能的な問題や構造の問題のどちらか
又は両方の可能性があります。

対処法として
1,ウォーキングなどの連続歩行をする
1日6000歩を目安に3週間以上続ける

2,首の付け根と額に氷でアイシングを20分

まずは日常に上記二つを取り入れてみてください。

3週間以上続けても改善しない場合は
治療の必要性があります。

当院は、その方々の症状の歴史やケガなど
しっかりとカウンセリングをして
オーダーメイドの治療をご提案します。

頭痛の治療法や詳しい情報はこちらから

https://kizunaseikotsuin.com/zutsuu

福津市で肩こりの治療院を探している方へ

2021.06.19 | Category: 肩こり,肩痛,頭痛,首の痛み,首痛

福津市で肩こり頭痛を改善することに情熱を燃やす治療家

きずな整骨院 諸熊です。

整形外科や病院、他整骨院では肩こり頭痛の原因に対して同時にアプローチして処置するところは少なく、痛みには鎮痛薬、筋肉にはマッサージやストレッチをして様子を見る所が多いです。

そして経過が思わしくなければ薬を強くしたり選択するというケースが一般的です。

その常識を覆そうと日々挑戦している。

 

肩こり頭痛で薬を飲んでも改善しない方へ

✓肩が常に重く凝っている
✓首が凝っていてきつい
✓頭痛で月に10回以上くすりを飲む
✓ストレートネックと診断を受けた
✓YouTubeで体操するが改善しない
✓肩こりや頭痛を根本的に治す治療院を探している

 

この様なお悩みはありませんか?

 

この症状は骨盤と首の関節が弱い状態です。

 

一般的には筋肉が固い、関節が固い、姿勢がわるい、筋力低下など言われます。

 

しかしこれらは結果の状態であって
こうなる原因があります。

 

ヒトの身体は土台の骨盤があり、その上で首がバランスを取っています。

 

肩こりや頭痛の方は
この骨盤の弱さからくる傾きにより
首がバランスを取ってさらに傾いた状態で
筋肉が支えています。

 

よくマッサージやストレッチをすると良いがすぐに戻ってしまうと聞きます。

 

これは骨格の傾きが治っていないので
筋肉を緩めるとさらに固くして支えようとする結果なってしまいます。

 

骨盤や首の関節の傾きを治し、関節や筋肉を正しく動かせるようにすることで改善をすることができます。

 

対処法として
1日の歩数を6000歩以上歩くようにしてみてください。
まずは3週間やってみましょう!

 

それでも改善しない場合は
きずな整骨院までご相談ください。

 

肩こりや頭痛の詳しい情報は詳細から
確認ください。

https://kizunaseikotsuin.com/katakori